カンファレンス初日

この記事は1分で読めます

astrogy

カンファレンス初日。

一限目は「ヘレニスティック・アストロロジー」が好評のクリス・ブレナンによるマスターオブネイティビティ。

出生図の4種類の支配星の出し方をヴァレンス、ポーフィリーを引用しながらわかりやすく解説。

このクオリティはすごい。

見習わないといけない。

いかに入り組んだものを分かりやすく伝えるか、情報を豊富に与えるということですね。

2限目はイブン・エズラを翻訳したメイラ・エプステインによるフォーチュン&スピリット。

ロットを1ハウスにしての解釈。

実例が豊富で面白い。

ロットを1ハウスにして解釈するのはよくカンファレンスでも見かけますが、実例にスピーカーの個性がでます。

終わってからランチ。

初めてアメリカのマクドナルドへ。

ハンバーガーの大きさは日本とあまり変わらないけど、ピクルスが日本より若干酸っぱいのと、多く入ってるということ。でも、ドリンクはアメリカンサイズ。普通のサイズでも日本のLLサイズよりも大きい。飲むのがちょっと大変。

さてランチ後の3限目はベンジャミン・ダイクスによる上昇時間についての講義。

初公開の内容で、上昇時間についての哲学からプライマリーディレクションについてまで。

難しい計算せずに解説。

こちらもかなり分かりやすいけども内容は高度ですね。

4限目はミッシェル・ゴールドによるメソポタミアの月の緯度。

メソポタミア期での月齢の意味について。

さすがに4限目になると疲れました。

夜は久しぶりにお米食べたくなり、メキシコ料理店へ。タコを頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. astrogy

    2017 03.07

    どこがどう

  2. astrogy
  3. astrogy
  4. astrogy
  5. 2015 05.02

    生まれた時間

  6. astrogy

    2017 03.03

    リリーの姿勢

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。