1. リリーの第3書は489ページから始まっています。 ただ、524ページまでは、時刻修正のやりかた、レギオモンタヌスの表に従っての出生図の作り方と、結構読んでいて、難しいなとか、複雑だなと思うような内容です。 原書で読むと、この…

  2. 四柱推命の講習会が今月5月23日24日の二日に渡り開催いたします。 締め切りが17日で、締め切りまで1週間切りました。 テキストでまとめてわかるのが、四柱推命は、いかに諸説あるかということ。 あと、それをすべて解説して…

  3. 西洋占星術は時代によってハウスの意味が変わっています。例えば、リリーの「クリスチャン・アストロロジー」では4ハウスは父、10ハウスは母です。 もっと遡り、ローマ時代の「アストロノミカ」では、 1ハウス財産、2ハウス軍隊、外国…

  4. 3月29日で書いたブログでは今年2015年は陽44局 巽   巳   午   未   坤 五福  民基  合神  計神  始撃 主参将 君基  定大将 地乙 客参将 大歳 辰               申 定参将 臣…

  5. 淵海子平

    宋代の徐子平の著作として「淵海」「淵源」があり、明代に入って、楊淙がこの2書を合わせ、欽天鑑の季欽が増補したのが「淵海子平」。 一般的に台湾などでは5巻で出ているのが多いんです。 最近大陸の出版で命理学の書籍が増えてきましたが、6巻…

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。