11、12月の講座

この記事は2分で読めます

ディグニティチラシ

ここ数日、西洋占星術カンファレンスも終わり、しばし余韻にひたっていました。

今回のカンファレンスで伝統占星術に興味をもたれた方もいらっしゃると思いますので、

基本となる講座を2種類、11、12月に開催いたします。

★古典占星術講座「ディグニティの徹底解説」

近年、欧米では伝統占星術の復興が盛んですが、日本でも伝統占星術の学習者が増えてきいます。
しかし、伝統占星術の書籍を読んだが、具体的にどう使っていいのか、どう解釈すればいいのか分からないという声をよく聞きます。
今回開催するのは、惑星のディグニティの講座です。
伝統占星術には惑星の強弱やその質を測るディグニティがあります。ドミサイルやエグザルテーションなどのように現代占星術でも使われるディグニティはありますが、
現代占星術では使われなくなったディグニティとその概念があります。

今回は2回に渡って、伝統占星術のディグニティ、そして、解釈で必要になる概念をどう使うのかを解説いたします。

あるハウスに
吉星があるがあまり良さを感じない
凶星があるがあまり悪さを感じない

あるいは

あるハウスに
吉星があるが悪さを感じる
凶星があるが良さを感じる

現代占星術をやっているとそういった経験をしたことがあるかもしれません。

現代占星術にはない伝統占星術の概念でそういったことがはっきりするでしょう。

エッセンシャル・ディグニティ
アクシデンタル・ディグニティ
その他の解釈で必要な概念

これらを基礎的な概念を2回でまとめて解説いたします。

奮ってご参加ください。

この講座は2回完結です。両日参加できる方を対象にしております。

日時:2019年11月4日(祝月)、12月1日(日)13:00-15:00
場所:都内某所

お申し込みはこちらまで
https://ws.formzu.net/fgen/S71447566/

古典占星術講座「プロフェクション その基礎と応用」

古典占星術には数多くの予測法がありますが、

プロフェクションはその予測法の1つで、1年間を予測します。

現代占星術では失われていたものですが、

ここ20年の欧米での研究で、ようやく復元されつつあります。

プロフェクションは技法としてはそれほど難しいものではありませんが、

「パワフルな予測法」と評されます。

「今年はどんな年になりますか?」というよくある質問がありますが、

プロフェクションを使えば、それほど複雑な手順を踏まずに

シンプルに予測が行えるでしょう。

今回この講座では古典占星術の基礎的な考えも交えながら

プロフェクションを解説いたします。

また応用編では様々なポイントについてのプロフェクション、
そして12年サイクルの何が異なることで象意が変化するかに迫ってみたいと思います。

日時 11月16日(土)
基礎編 13:00-15:00
応用編 15:30-17:30

都内某所

お申し込みは

https://ws.formzu.net/fgen/S67456652/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. astrogy

    2017 07.14

    ようやく終了

  2. astrogy
  3. astrogy

    2020 02.21

    講座案内

  4. 太極

    2017 03.12

    開講します

  5. astrogy
  6. キャプチャ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。