英国旅行記11

この記事は2分で読めます

astrogy

火曜日はイギリスでゆっくりできる最終日。
午前中に、大英博物館へ。
これで3回目。3回も来るとは・・・。
残りをすべて見ようと、駆け足で見る。
エジプトやメソポタミアはけっこう見たので、アジアのコーナーに。
韓国、中国のコーナーは絵はあまりなく、ほとんど陶器。
印象的だったのは中国のコーナーには中国人観光客が多くいたことでしょうか。

大英博物館は巨大でしたが、イギリスに次に来れるのがいつかわからないので、残りの見ていないところも意地で短時間ですべて見終わりました。

そうこうしているとお昼に。

お昼には鏡さんと合流しボローマーケットというテムズ川の南の市場へ。

市場なので、小さい店がたくさん集まっています。

ここはおいしいお店が多かったですよ。

世界で一番おいしいとタイムズが紹介したドーナツ屋。

油で揚げたドーナツで生クリームがぎっしり。

それほど甘すぎずしつこすぎずバランスがいいですね。
次に生牡蠣を食べに。

ここのは大きく味が濃厚。
それから、油で揚げたパリパリ豚肉をパンでサンドしたものも食べました。

こちらも絶品。
そして、チーズ屋へ。

味見させてもらうと、かなりおいしい。

日本のものとは違いますね。

でもこの日は気温が高く、持ち帰ると傷むというので、購入は断念。

お昼はこんな感じでいろいろつまみお腹が満たされました。

昼食後は、ロンドン散策。

かなり歩きました。

ロンドンの東側の方にいくと、非常に、新しいビルが並んでいて、

東京やニューヨークなんかとさほど変わらない光景。
それから、昔、カルペパーが開業していた場所の辺りには

「カルペパー」というお店が!

しかし飲食店。
ロンドン歩いていますと、本当に占星術のシンボルなんかが目につきますね。
あとはローマっぽいものが多いです。
さて、夕方になり、夕食。
これがかなり美味しかった!

パブっぽいところでしたが、

肉料理や、ホタテ、パテ、ワイン、どれもハズレなし。
鏡さんに聞いたところ、ここ10年で、ロンドンの食事事情は変わったんだとか。
もはやイギリスの料理はまずくないですね。
実際振り返っても、ひどいものはありませんでした。
ロンドンで最後の料理はすばらしいものでしたね。
ホテルに帰り、就寝。
朝6時には起き、ヒースロー空港へ。
そして帰国。
本当にあっという間のイギリス旅行。
いやーまた行きたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太極
  2. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2016 05.30

    言葉の壁

  3. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2015 12.03

    絞り込み

  4. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2015 11.06

    向上心も

  5. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2015 11.20

    5年ぶりのM1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。