細かい要素も

この記事は1分で読めます

太極

ちょっと風水が続きます。

以下はある歌訣の一部。

一個山頭葬十墳、一墳富貴九墳貪。
同一山頭同朝水、更有同堆共井塋。
一邊光栄生富貴、一棺泥水絶人丁。

(訳)
一つの山の頂に10の埋葬された墳墓、一つの墳墓は富貴で、9つの墳墓は貧しい。
同じ一つの山頂で同じ朝水(明堂の前の水)、さらに同じように積まれすべて整然とした墓がある。
一方は名誉に恵まれ富貴が生じる。一方は棺に泥水が入り子孫が絶える。

 

 

 

まあ、こういう意味ですが、巒頭が同じなのになぜ?ということですね。

実際は同じではないんですが。

羅盤で分金使いますとちょっと向がずれただけで随分意味が違ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太極
  2. 太極

    2018 05.18

    風水講座開催

  3. 風水基礎1期フライヤー
  4. 太極
  5. 太極
  6. 太極

    2016 04.08

    家の運

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。