約90ページもの鑑定例

この記事は1分で読めます

ウィリアム・リリーは「クリスチャン・アストロロジー」の第3書の最後にイングランドの商人を鑑定しています。
出生図、ディレクション、レボリューション、プロフェクションあわせて、90ページ近くに渡って詳細に判断しています。
かなりのボリュームですね。
詳細なので分わかりやすいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. astrogy
  2. astrogy
  3. astrogy
  4. EdmCrmWU0AEFyy1
  5. ディグニティチラシ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。