日本占星術協会主催 第1回 日本占星術カンファレンス

この記事は1分で読めます

カンファレンス1

この度日本占星術協会主催で第1回日本占星術カンファレンスが開催されることとなりました。

 

 

第1回日本占星術カンファレンス

〈2020年テーマ〉ニュー・ホライズン

​​

【開催日時】

2022年8月20日(土)8:30~

形態:zoom

08:30am 開会式

09:00am 田中要一郎

10:00am いけだ笑み

11:00am 賢龍雅人

12:00pm バーグ文子

昼休憩

01:00pm~

02:00pm 石塚隆一&チャンドラ・ケイ

03:00pm 芳垣宗久

04:00pm 登石麻恭子

05:00pm 鏡リュウジ

06:00pm ヘルメス大賞

06:30pm 閉会式

各講義50分。

講義と講義の間に10分間休暇。

お昼休憩は1時間。

私の話す内容は

未来への進行:プライマリー・ディレクションとセカンダリー・プログレッション

出生図の惑星やポイントを進行させる予測法に、 現代占星術ではセカンダリー・プログレッションがよく使用されるもののひとつですが、 近年の伝統占星術の復興とともに、プライマリー・ディレクションの研究が進み、欧米では使用する占星術家も増えてきています。 プライマリー・ディレクションは1世紀のドロテウスや2世紀のプトレマイオスによる書の中でも 紹介されており、長い歴史の間使用されてきました。 今回この進行による二つの予測技法が基づく異なる概念を比較し、 近代に入ってからの誤解を挙げ、実際にはどうであったのかということも提示します。

詳細はこちら

よろしくお願いいたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. BD-newprofile-600ppi
  2. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2016 02.25

    イベント

  3. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2016 03.29

    昔の話

  4. astrogy
  5. astrogy
  6. astrogy

    2021 02.01

    占事四傑

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。