子平測局で見る2017年の中国

この記事は1分で読めます

太極

中国の建国は1949年10月1日。
運世年月から四柱を出すと

癸己壬乙
酉丑午亥

汚土濁壬ですが、泥水に浮かぶ蓮の花ともとれます。
乙の官にとって己が必要ですが、汚職が問題になっているので、汚土濁壬がよりでているように思えます。
となると、なかなか政治と汚職は切り離せないかもしれません。
1984年から甲申世。
2014年から乙酉世。
ちょうど甲申世の後半の2000年代から経済がよくなってきています。
今年は丁酉年。
自刑ですので、焦燥感、苛々する一年。
丁が壬と干合します。
ひょっとすると、汚職に関して、一斉に厳しい処分をする可能性があります。
ただし、経済的にはうまくいかないかもですね。
酉があるのですが、金が天干にないので、それほど良さがでてきません。

習近平国家主席ですが、

1953年6月1日

●癸丁癸
●未巳巳

9 19 29 39 49 59 69 79
丙 乙 甲 癸 壬 辛 庚 己
辰 卯 寅 丑 子 亥 戌 酉

申酉空亡

年 天乙貴人 駅馬
月 天乙貴人 駅馬
日 喪門

となっています。
40代ぐらいから政治で頭角を現します。

内格の偏財格で身弱。
非常に火が強い命ですが、天乙貴人も多いですね。
前半生は何かと助けがあったでしょう。
癸丁の干の組み合わせは水来火滅。
駄目になるときは一気に駄目になります。
今年64才。辛亥の大運。
後半の亥が強調されます。
となると、大運の亥は巳と沖しますのでこれから五年は衝突が多くなるでしょう。
巳には喜神の金の根があり、それが沖される悪さがあります。
今年は丁酉年。
経済的にはかなり問題がでそうです。
後半は内にも外にも調和的、協調的になっていきそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太極
  2. 太極

    2016 05.28

    広島で

  3. 太極
  4. 太極
  5. 太極
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。