シンボル

この記事は1分で読めます

astrogy

占いの卜術と呼ばれるものは、いかにシンボルを読むかというのがポイントだったりしますね。

易なら64卦をいかに読むか。

タロットならカードをどう読むか。

また、組み合わさったシンボルをどう読むか。

八卦と八卦。

タロットのコンビネーションリーディングなどもそうですね。

このシンボルを組み合わせを読むというのは、

生年月日時で占う命術でも似たような感じです。

こちらの方は、組み合わせの要素がもっと増えますね。

シンボルを柔軟に読めれば、応用がききますが、

これがけっこう、難しく、苦労するところだったりします。

でも楽しいところでもあるんですが。

 

 

 

以下告知

四柱推命講習会を開催いたします。
9月から11月までの3か月で4回講義を行います。
各回、13時から18時までの約5時間(小休憩あり)です。
内容としましては
陰陽五行
命式、大運の立て方と注意点
十干十二支に関する判断
十二運
蔵干
十神
四柱の意味
干支の関係
格局の取り方
神殺
各判断技法
・六親
・相性
・恋愛結婚
・子供
・病気
・職業
・本運
・大運、流年の基礎
など
となります。

講座の詳細、申し込みは占い世界の講座案内からおねがいします。

講座案内

よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太極
  2. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977
  3. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2016 08.17

    年齢関係なく

  4. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2015 11.20

    5年ぶりのM1

  5. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977
  6. astrogy
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。