カンファレンス その2

この記事は1分で読めます

カンファレンス最終日。

早いですね。
1限目はプルーデンス・ジョーンズによる
マニリウスとローマの占い
ハウス分割の話から始まり、ローマ市、そして、マニリウスの特殊性について。
2限目は前日の最後の晩餐の講義をしたタニア・ダニエルによる
アンティシャ
これが素晴らしく良かったですね。
アンティシャの古典での記述の紹介から始まり、コマンディングサインとオベイングサインをどう解釈するか、アンティシャをどう解釈するか。
あまり扱わない部分をしっかりやってくれました。
3限目はカナダのトビー・アルドレンによる
プライマリーディレクションについて。
こちらも絶品で
空の星の動きのアニメーションを使いながらビジュアルで解説。
かなり分かりやすく、ソーラーファイヤーやモリナスでの使い方も教えてくれました。
ランチになって、その後の4限目は
ロッド・チャンによる
土星、冥王星コンジャンクションについて
事例が具体的で分かりやすい。
5限目は
グラジア・ミルティによる
ニザミの物語について。
そこでの惑星の象意が異なるという話。
原典を翻訳してくれたようです。
最後は全体講義で
クリス・ブレナンによる天王星、海王星のコンジャンクションと占星術の歴史について。
こちらを受けようとしていますと、ジェフリー・コーネリアスさんと、マギー・ハイドさんがもう出ないと遅くなるということで、早く出ることに。
というのもジェフリーさん、マギーさん宅に鏡さんと一緒に伺う予定でした。
クリスさんの講義は音源を買っておくことにしました。
一応写真は入り口から撮りました。
盛り上がってましたね。
会場を後にして、4時間近く車で移動し、ジェフリーさん、マギーさん宅へ。
海岸の美しいところ。
夜の8時でもかなり明るい。
マギーさんにお食事を作って頂き、
ジェフリーさん、鏡さんと深夜までワインとウイスキーを飲んで喋っていました。
ウイスキーが美味しかった。
その後は、ジェフリーさん宅の近くのホテルで就寝しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. d1cde6adff1b4c048301d7e6c9591150-1024x977

    2015 09.29

    ラジオでした

  2. astrogy

    2018 10.14

    伝統占星術

  3. 太極
  4. 星

    2015 12.13

    忘年会

  5. astrogy
  6. 太極

    2019 05.01

    令和元年

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。